避難情報に関する警戒レベルの運用開始

避難勧告等に関する国のガイドラインの改定に伴い、水害や土砂災害に関して避難を促す情報は、5段階の警戒レベルを付して発表することになりました。

チラシイメージ表 チラシイメージ裏

内閣府チラシ(表)(PDF形式 492KB)

内閣府チラシ(裏)(PDF形式 553KB)

1.警戒レベルの概要と市民の皆さんが取るべき行動

警戒レベルに対応し、自治体が発表する避難情報及び気象庁が発表する気象情報は以下のとおりです。
 行動を促す情報皆さんが取るべき行動・心構え
警戒レベル5 災害発生情報
(自治体が発令)
既に災害が発生しています。大至急安全を確保してください。
警戒レベル4 避難指示(緊急)/避難指示
(自治体が発令)
災害が発生する危険が非常に高まっています。
全ての方が避難してください。
屋外への避難が危険な場合は、屋内の高層階などで安全を確保してください。
警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始
(自治体が発令)
高齢者や障害のある方など、避難に時間のかかる方は避難を開始してください。
警戒レベル2 大雨注意報・洪水注意報
(気象庁が発表)
ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。
警戒レベル1 早期警戒情報
(気象庁が発表)
防災気象情報に注意するなど、心構えを高めてください。

2.市民の皆さんへのお願い『自分の命は自分で守る』

市が発令する『避難勧告』や『避難指示(緊急)』などの避難情報は、気象情報や河川の水位などを参考に、地域の状況など様々な情報を踏まえたうえで判断し、発令します。

市が避難情報を発令していない場合でも、身の回りで危険が迫っていることがわかった場合は、速やかに安全な場所へ避難を開始してください。

3.洪水・土砂災害の危険な場所は

市では、河川管理者(国・県)が公表している洪水浸水想定区域、県が公表している土砂災害(特別)警戒区域を示したハザードマップを作成しています。事前にご確認いただき、日頃から避難場所の確認や避難に備えた準備をお願いします。

高崎市ハザードマップ

4.防災情報を入手する手段は

市が発表する避難情報や防災情報、気象情報、水位の情報は、様々な手段で入手が可能です。

一覧
1 たかさき安心ほっとメール
2 防災スピーカー・防災行政無線
3 ツイッターフェイスブック
4 防災気象情報
5 ラジオ高崎
6 テレビのデータ放送(dボタン)
7 緊急速報メール

関係リンク

内閣府(防災担当):避難勧告等に関するガイドラインの改定

気象庁:防災気象情報と警戒レベルとの対応について

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 防災安全課
  • 電話:027-321-1352