台風・豪雨時の避難行動を確認しましょう(避難行動判定フロー)

台風や豪雨時に慌てずに行動するためには、日ごろから、周囲の災害リスクを把握し、いつ、どのような避難行動を取るべきか検討しておくことが大切です。

今後の台風や豪雨に備え、今一度ご確認ください。

1.ハザードマップで地域の災害リスクを確認する

市では、河川管理者(国・県)が公表している洪水浸水想定区域、県が公表している土砂災害(特別)警戒区域を示したハザードマップを作成しています。地域の災害リスクについて事前に確認しましょう。

ハザードマップイメージ

(リンク)高崎市ハザードマップ

2.万が一の際の避難行動を決めておく

自宅の立地条件や周囲の災害リスクに応じて、「いつ」「どこへ」避難するか、「避難行動判定フロー」を参考に検討しましょう。

避難行動判定フローイメージ表 避難行動判定フローイメージ裏

台風・豪雨時に備えてハザードマップと一緒に「避難行動判定フロー」を確認しましょう(PDF形式 1.7MB)

3.避難に関する情報を収集する

避難情報イメージ表 避難情報イメージ裏

台風・豪雨時に「避難情報のポイント」を確認し避難しましょう(PDF形式 1.8MB)

(リンク)避難情報に関する警戒レベルの運用

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 防災安全課
  • 電話:027-321-1352