天祐山公田院仁叟寺

高崎市にある指定文化財 市指定

 天祐山公田院仁叟寺

曹洞宗雙林(そうりん)寺(渋川市)四世の高僧裔正禅師を請して開山。もとは奥平貞訓が下奥平字公田(くでん)に創建し大永2年(1522)に現在の神保に寺を移し開祖。開山以来、長根城主、宮崎城主奥平、吉井城主菅沼、地頭溝口氏、長谷川氏などの帰依と手厚い保護を受け、三代将軍家光の代に朱印25石を賜る。明治24年(1891)、政府内務省より県内宗派の中から世良田長楽寺と仁叟寺が古社寺保存の指定を受けている。

惣門をくぐると重層な山門があり、本堂を中心に鐘楼、開山堂、座禅堂、庫裡など堂宇が並び名刹の雰囲気がある。本尊は釈迦牟尼仏で、本堂は茅葺き屋根であったが瓦葺きに変えた。町指定として関係文書ならびに寺宝は多いが、伝承物として参考になる。また寺内に奥平氏の開基塔、長谷川淡路守、讃岐守、溝口豊前守など江戸初、中期の地頭の石塔がある。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295