高齢者のインフルエンザ予防接種

市は、予防接種法に基づき、定期予防接種として65歳以上の方等を対象にインフルエンザの予防接種を実施します。

助成期間

令和3年10月1日~令和3年12月末日
(年末の休診日にご注意ください。)

対象者

  • 接種当日に満65歳以上の人
  • 接種当日に満60~満64歳の人で心臓腎臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する人またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人(障害等級が1級か、同程度と医師が判断した人)

自己負担額(令和3年度)

1,500円
(生活保護受給中および中国残留邦人等支援給付中の方は、無料です。)

注意:助成が受けられるのは、期間内に1人1回のみです。

接種に必要な物

  • 健康づくり受診券のインフルエンザ券(シール)
    ※令和3年4月1日~接種当日までに満65歳の誕生日を迎えた人は同券がありませんが、接種日に保険証などで満65歳以上であることが確認できれば、費用助成が適用されます。
    ※コロナワクチンの接種から2週間以上の間隔は空いていますか?コロナワクチンの1回目と、2回目の間に他のワクチンの接種はお控えください。

健康づくり受診券イメージ

  • 健康保険証
  • 身体障害者手帳(満60~満64歳で身体障害者手帳を持っている人だけ)

予防接種を受けられる医療機関

高齢者用肺炎球菌・インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧

予防接種を受けられる医療機関は、上記の他にも4月に各ご家庭にお配りしている「健康のしおり」などで確認できます。「健康のしおり」について

  • 市外で接種する場合は、必要書類を送付いたしますので事前にお問い合わせください。
  • 県外で接種希望の方は、手続きが必要ですので事前(接種希望日の10日ほど前まで)に保健予防課までご連絡ください。

日々の生活から感染症予防を心がけましょう

日常生活の様々な工夫により、感染リスクを減らすことができます。ご自身や、周りの方、そして地域を感染拡大から守るため、ご自身の生活に合わせて「新しい生活様式」を実践してみましょう。

厚生労働省「新しい生活様式」リーフレット(PDF形式 495KB)

問い合わせ先

高崎市保健所 保健予防課 予防接種担当 電話:027-395-6155
箕郷保健センター 電話:027-371-9060
群馬保健センター 電話:027-373-2764
吉井保健センター 電話:027-387-1201
榛名・倉渕保健センター 電話:027-374-4700
新町保健センター 電話:0274-42-1241

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保健予防課
  •  予防接種担当
  • 電話:027-395-6155