高齢者のインフルエンザ予防接種

市は、予防接種法に基づき対象の方に季節性インフルエンザの予防接種を実施します。

助成期間

令和4年10月1日~令和4年12月31日
※医療機関が休診の日は外来での接種はできません。一般的に、12月29日あたりから年末年始のお休みに入りますのでご注意ください。

対象者

高崎市に住民登録があり、以下のいずれかに該当する方

  • 接種当日に満65歳以上の方
  • 接種当日に満60~64歳の方で、心臓腎臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(障害等級が1級か、同程度と医師に判断された方)

自己負担額(令和4年度)

1,500円
ただし、生活保護や中国残留邦人等への支援給付を受けている方は、無料です。

※助成が受けられるのは、期間内に1人1回のみです。

接種に必要な物

  • 健康保険証
  • 身体障害者手帳 (満60~64歳で心臓、腎臓、呼吸器もしくはHIVによる免疫の機能障害があり、等級が1級相当の人だけ)
  • 健康づくり受診券のインフルエンザ券(シール)
    ※令和4年4月1日~接種当日までに満65歳の誕生日を迎えた人は、同券がありませんが、接種日に保険証などで満65歳以上であることが確認できれば費用助成が適用されます。
    ※インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同時に又は間隔をあけずに接種することができます。

健康づくり受診券イメージ

予防接種を受けられる医療機関

高齢者用肺炎球菌・インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧

予防接種を受けられる医療機関は、上記の他にも4月に各ご家庭にお配りしている「健康のしおり」などで確認できます。「健康のしおり」について

  • 市外かつ群馬県内で接種する場合は、必要書類を送付いたしますので事前(接種希望日の1週間ほど前まで)に保健予防課までご連絡ください。
  • 県外で接種希望の方は、別途お手続きが必要ですので事前(接種希望日の10日ほど前まで)に保健予防課までご連絡ください。

日々の生活の中で感染症予防を

予防接種は感染症予防のための有効な手段のひとつですが、日々の生活の中で、手洗いうがいを徹底することや、十分な栄養や休養をとることも極めて重要です。日頃から衛生的、健康的な生活を心がけましょう。

問い合わせ先

  • 高崎市保健所 保健予防課 予防接種担当 電話:027-395-6155
  • 箕郷保健センター 電話:027-371-9060
  • 群馬保健センター 電話:027-373-2764
  • 吉井保健センター 電話:027-387-1201
  • 榛名・倉渕保健センター 電話:027-374-4700
  • 新町保健センター 電話:0274-42-1241

このページの担当

  • 保健予防課
  •  予防接種担当
  • 電話:027-395-6155