平成26年11月定例記者会見

日時:平成26年11月6日 木曜日 午前10時~
会場:市役所6階市民対話室
案件:2件

昭和の風景を復活させた屋台横丁への転換(崩壊した中央銀座アーケードの再整備)について

アーケード街再整備の概要

平成26年2月の大雪により崩落した中央銀座アーケードは、本市商店街の賑わいを牽引してきたシンボルであり、商都高崎の貴重な財産であることから、再整備を行い、新たな賑わいを創出する案をまとめました。

高崎市では、この度、地元商店街の有志のみなさんや高崎市職員による中央銀座アーケード街再生プロジェクトチーム等の意見を踏まえ、昭和の風情を再現したまちづくりの案をとりまとめたものです。

日本で抱える商店街活性化策の先進事例となるよう、今後、この提案をもとに地元に検討をお願いし、他の関係者との協議を行いながら事業を確定してまいります。

位置及び崩落区間

  • 高崎市新紺屋町、寄合町の各一部
  • 延長約110メートル(アーケードの全長は約430メートル)

アーケード整備にあたり

  1. アーケードは、高崎産木材をできるだけ活用するとともに、採光に配慮した構造とします。
  2. 街路灯は、昭和の風情を醸し出す統一したデザインとします。
  3. 若手経営者等による、昭和(レトロ)な雰囲気の屋台風飲食店の出店を中心とします。
  4. 飲食店は、高崎産食材を積極的に提供することとします。
  5. オープンな雰囲気を醸し出すため、道路空間に椅子やテーブルを設置することとします。
  6. 看板のイメージを揃え、統一感のある通りにしていきます。

今後の予定

関係者との協議を進め、その理解が得られたら平成27年度中に事業着手します。

また、設計等の進捗状況に応じて工事の着工を行ってまいります。

問い合わせ先

商工観光部商工振興課  電話:027-321-1256

ページの先頭に戻る

倉賀野古商家を復活しておもてなし館に

倉賀野町の大山邸(大黒屋)は、中山道から路地にナマコ壁をみせる明治期の蔵造りの建物で、2002年には、たかさき都市景観賞を受賞するなど、歴史的建造物として保存する価値のある建物です。

現在の所有者から、土地及び建物に係る寄附の申し出がありましたことに対しまして、高崎市は、倉賀野地域の活性化や観光振興としての事業に活用させていただくために、寄附を受けさせていただくことになりました。

近年、中山道を散策し、倉賀野宿を巡るツアーが組まれるなど、多くの観光客が訪れることから、譲り受けた建物につきましては、母屋、ナマコ壁等の修繕、補強工事を行い、(仮称)倉賀野古商家おもてなし館として開館させ、観光客の憩いの場として活用します。

(仮称)倉賀野古商家おもてなし館の運営は、倉賀野地域づくり活動協議会(会長:高橋義明「倉賀野区長会長」)に委託し、訪れた観光客にお茶や和菓子を提供販売したいと考えております。

寄附者

大山隆子、加藤和子(姉妹)

所在地

高崎市倉賀野町2010番地5

問い合わせ先

商工観光部観光課  電話:027-321-1257

ページの先頭に戻る

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726