平成27年5月定例記者会見

日時:平成27年5月8日 木曜日 午前11時~

会場:市役所6階市民対話室

案件:3件

「環境フェア2015」の開催について

本市では6月の環境月間にちなみ、市民の一人ひとりが日常生活の中での生活環境や地球環境に対して関心と理解を深め、環境にやさしい生活の実践を促すことを目的として、6月6日(土)に「環境フェア2015」を開催します。
本イベントの詳細は、別紙のとおりです。

新たな催し物

(1)マイ箸・マイ食器持参者に高崎そだちの野菜を使用したバーニャ・カウダをを無料提供

イベントごみ減量のため、「マイ箸・マイ食器」の持参を呼びかけ、持参者を対象に飲食物の無料提供を実施します。(先着順で、飲食物がなくなり次第終了。)

(2)古着ファッションコンテスト

ごみ減量の啓発を目的として、家庭で不要となった古着を活用して「古着ファッションコンテスト」を実施します。

その他催し物

  • 使用済小型家電/古着・古本のドライブスルー回収
    (市庁舎ピロティ下にて家庭で不要となった使用済みの小型家電/古着・古本をドライブスルー方式で回収)
  • 市民団体・企業によるブース出展
    (工作体験・パネル展示・環境配慮製品展示 等)
  • 家庭で不要になった日用品等のバザー
  • 高崎市水道局によるブース出展
    (「高崎の水」飲み比べ、給水車展示、水道管で作る水鉄砲 等)
  • 環境にやさしい乗り物の展示
    (電気自動車の展示・試乗、ぐるりんバス車両展示、高チャリの展示 等)
  • クリーンアップキャンペーン(もてなし広場~高崎駅周辺)

来場者へのプレゼントもあります。
(鉢花・天然塩・給食残さから作った肥料等 いずれも先着順です。)

問い合わせ先

環境政策課 電話:027-321-1251

ページの先頭に戻る

「第3回榛名湖マラソン」の開催について

「第3回榛名湖マラソン」を9月27日(日)に開催します。
参加定員は2,000人とし、5月22日(金)から受付を開始します。本大会は市民ボランティアの積極的な参加のもと、本市を代表する観光地「榛名山・榛名湖」を全国PRするとともに、活力あるまちづくりを目指し開催するものです。

日本陸上競技連盟公認フルマラソン大会で、市民ランナーから公認記録を狙う競技ランナーまで、幅広いランナーの参加を予定しています。参加者には「地元で使える買い物チケット(1,000円分)」や「榛名湖温泉ゆうすげ入浴割引券」を提供するほか、競技中はコース上に約4kmごとに「エイドステーション」を設け選手をもてなします。

大会概要

日時

2015年9月27日(日曜日)午前9時30分スタート

コース

高崎市榛名湖畔マラソンコース(42.195km)

  • スタート地点 榛名山ロープウェイ前
  • ゴール地点 県立榛名公園駐車場前
  • スタート後約2kmの周回コースを2周した後、メインコース(1周7.8km)を5周します。
  • 制限時間:6時間

部門

性別・年齢別に7部門

表彰

各部門1位から8位までを表彰
その他、特別賞を用意します。

申し込み

申込は、インターネットにて受け付けます。
参加費は、1人4,000円(別途エントリー手数料がかかります。)
申込期間は、5月22日(金曜日)から7月31日(金曜日)
※インターネットをご利用になれない方は、下記で受け付けます。

  • マラソン大会エントリーセンター
    TEL:03-6427-5333
    受付:月曜~金曜日(祝日を除く)午前10時~午後5時まで

その他

エイドステーションでの給食サービスとして、水・スポーツドリンクのほかに、おにぎり、豚汁、カレー、スイーツ梅干、バナナ、グレープフルーツ、コーラ等を提供します。

問い合わせ先

榛名支所地域振興課 電話:027-374-6715

ページの先頭に戻る

広報高崎が全国広報コンクールで1席に

平成27年4月16日に行われた「平成27年全国広報コンクール」の総合審査会で、広報高崎が「広報紙(市部)・1席」に選ばれました。
同コンクールでの受賞は、平成26年の広報写真(一枚写真)に続き13回目となります(過去に、広報紙・写真・映像の各部門で、合計12回受賞しています)。
今回出品したのは、広報高崎12月1日号です。「空っぽの家、無くしませんか」と題し、全国的に問題となっている空き家対策について、本市の取組みと市民の動きを取り上げ、8ページの特集で紹介しました。

今回の選定理由は全国的な喫緊課題としての「空き家対策」問題をいち早く取り上げた点、空き家に関する若者の考えと古くからの地域の思いを紹介する中に、地域の未来を創造していこうとする動きが感じられた点などです。市民の動きを丁寧に取材し、市民目線を活かした編集が評価されました。

全国広報コンクールは、地方自治体の広報活動の向上を目的に、優秀作品を表彰するもので、昭和39年(1964)から実施しています。各都道府県の審査・推薦により提出された広報作品などを(社)日本広報協会で審査し表彰します。今回は全国から総計468点の参加作品がありました(広報紙は141点、そのうち市部は63点)。

問い合わせ先

広報広聴課 電話:027-321-1205

ページの先頭に戻る

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726