高崎市地域新エネルギービジョン

策定の背景と目的

高崎市は、広大な関東平野の北西端に位置し、利便性の高い快適な市街地をはじめ、豊かな田園地帯や榛名山系の山々と清流が織りなす美しい自然など、多彩な環境をもつ都市です。
この優れた自然環境の中で、また、北関東・北信越地域の発展において大きな役割を担っていくことが期待される中で、高崎市は、人と自然とが共生する持続的発展が可能な「市民が創造する地球環境都市たかさき」の実現を目指し、市民の皆さまとともに全力で環境問題に取り組んでいます。

そうした一方、私たちを取り巻く環境は、日々の社会経済活動がもたらす負荷によって、公害、ごみ問題、自然環境の破壊、さらには地球温暖化などの様々な問題に直面しています。
これらの環境問題の解決にあたっては、従来の大量消費の社会のあり方やライフスタイルを見直し、環境への負荷を低減した「循環型社会」の構築や、地球規模の問題の解決に向けた取り組みが求められており、私たち市民一人ひとりの行動が大きな役割を果たします。

今回策定した「高崎市地域新エネルギービジョン」は、環境負荷の少ない新エネルギーを、本市の地域特性に合わせて体系的・計画的に導入するためのものであり、地域レベルでの地球温暖化対策を推進するものです。

新エネルギーとは

太陽光や風力などの自然の力を利用したり、廃木材や廃棄物など今まで使われずに捨てていた資源などを使って、「電気」や「熱」をつくりだす環境にやさしいエネルギーのことです。新エネルギーは、枯渇の心配がなく、二酸化炭素の排出量を減らすことができるなど地球環境にやさしいエネルギーです。

本ビジョンで目指す広義の新エネルギーは次のとおりです。

計画ダウンロード

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 環境政策課
  • 電話:027-321-1251
  • ファクス:027-321-1161