法輪寺五百羅漢像

高崎市にある指定文化財 市指定

五百羅漢像
法輪寺の五百羅漢像

法輪寺本堂内の壁面に作られた棚の上に、五百羅漢像が安置されています。みんなで157体あります。寄木造(よせぎづく)りで頭や顔、胸には金泥(きんでい)を、衣は黒漆塗(くろうるしぬ)りです。

羅漢は迷いの世界を脱して煩悩(ぼんのう)を断ち切り、人々の供養(くよう)を受けるにふさわしい境地を得た人々のことです。

参詣に訪れた人々は、それぞれに異なる表情に、自分の老後を思い、あるいは亡くなった父母をしのんだことでしょう。

「羅漢町」という地名の由来は、五百羅漢から起こったとの伝えもあります。

最大の像の高さ 61センチメートル
最小の像の高さ 21センチメートル

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295