旧井上房一郎邸

旧井上房一郎邸は新型コロナウイルス感染防止対策を実施して公開しています。邸内の観覧を希望される方は事前予約が必要となります。庭園は予約無しでご覧いただけます。詳細は「旧井上房一郎邸開館に関するお知らせ」をご覧ください。皆様のご理解ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

旧井上房一郎邸について

旧井上房一郎邸は、本市の文化振興に大きく貢献した井上房一郎の自邸として建てられました。音楽センター設計者の建築家アントニン・レーモンドの建築スタイルを取り入れたもので、戦前・戦後を通じて交流した井上とレーモンドの友情の証でもあります。 2010(平成22)年4月1日から高崎市が一般公開しております(高崎市美術館の開館日に公開しています)。

建築の特徴

旧井上邸外観写真《旧井上房一郎邸外観》

旧井上房一郎邸は、東京・麻布の笄町(こうがいちょう、現 港区西麻布)に1951年(昭和26)に建てられたレーモンドの自邸兼事務所を写した建物として知られ、いわゆるレーモンド・スタイルがよく表れている建築です。
1952年(昭和27)、高崎の自邸を焼失してしまった井上は、「笄町の自邸」を再現しようと計画し、レーモンドの快諾を受けます。図面の提供を受けた後、井上工業の職員に建物を実測させ、これらを元に同年新たに井上邸の設計・建築をしました。「笄町の自邸」はレーモンドの没後、事務所移転にともない取り壊されますが、居間部分のみがレーモンド設計事務所新社屋のメモリアルホールに移り保存されています。旧井上房一郎邸は失われたレーモンドの自宅の様子を知ることができる貴重な建築といえます。

旧井上房一郎邸観覧料金・ご利用時間について

観覧料金

旧井上房一郎邸の観覧料は美術館観覧料に含まれます。

開館時間

3月~11月:午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
12月~2月:午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

※金曜日の夜間開館は実施しておりません。

休館日

高崎市美術館に準ずる。
月曜日(祝日は開館し翌日休館)、祝日の翌日、展示替期間、年末年始(12月28日から1月4日まで)

※イベントなどのため臨時休館することもあります。同邸は、展示会目的などの一般貸し出しはありません。

2021(令和3)年度の展示替休館期間

2021(令和3)年4月1日(木)~16日(金)、6月14日(月)~25日(金)、8月23日(月)~9月4日(土)、11月8日(月)~12日(金)、12月27日(月)~2022(令和4)年1月14日(金)、3月28日(月)~31日(木)

問い合わせ

高崎市美術館
電話:027-324-6125

歳時記

庭園歳時記

庭園歳時記(2014年2月~2016年12月)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126