2020人権を考える市民の集い

趣旨

21世紀は「人権の世紀」ともいわれており、誰もが平等に尊重され、明るく幸せに生活する権利を持っています。そのためには、自分の権利と同じように相手の権利も認め、お互いの人権を尊重しあうことが大切です。

わが国では、日本国憲法に明示されている基本的人権の確立のため、人権擁護のさまざまな努力が続けれられてきました。いまや地球規模の交流時代の中で、人権の尊重がいっそう強い社会的要請にまで高まっています。

本市は、人と人とのふれあいを大切にした、心豊かな地域社会を実現するため「人権尊重都市宣言」を制定しています。

このようなことから、すべての人々の人権を尊重し、思いやりとやさしさに満ちた地域社会の実現を目指すために「人権を考える市民の集い」を開催します。

開催日時

令和2年11月14日(土)午後1時30分~3時30分

開催場所

高崎市市民活動センター「ソシアス」(足門町1669-2)

人権標語・人権啓発絵画コンクール受賞作品の表彰式及び発表

  • 時間:午後1時30分~2時10分
  • 手話通訳あり

講演会

  • 時間:午後2時15分~3時30分
  • 手話通訳あり

演題

「自分の可能性を求めて」

講師

成田 真由美さん
(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事)
(パラリンピック競泳金メダリスト)

講師画像

講師プロフィール

神奈川県川崎市出身。13歳で脊髄炎発症、両下肢麻痺となる。

アトランタ、シドニー、アテネ、北京と夏季パラリンピック大会に出場(競泳)。

金15、銀3、銅2と計20個のメダル獲得。

その功績により、内閣総理大臣賜杯、内閣総理大臣顕彰、パラリンピックスポーツ大賞(最優秀女子選手賞)など数々の賞を受賞。

2016年、リオパラリンピックに出場し、個人3種目で日本新記録(50m背泳はアジア新記録)。

講演を通じ、障害者や障害者スポーツの周知活動を続ける。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会競技大会組織委員会理事、川崎市市民文化大使、公益財団法人笹川スポーツ財団評議員、NGBC(NEW GENERATION BAKERY CLUB)理事。

お申し込み

往復はがき1枚で2人まで申し込みできます。

往復はがきに参加を希望される方の1から4の項目を記入してお申し込みください。

  1. 住所
  2. 氏名(参加を希望される方が2人の場合は両方の氏名)
  3. 電話番号
  4. 「人権を考える市民の集い希望」を記入する。

締め切り日

10月26日(月)(当日消印有効)まで

宛て先

人権男女共同参画課まで郵送してください。(お申し込み多数のときは抽選とさせていただきます。)

〒370-8501 高崎市高松町35番地1

高崎市人権男女共同参画課 宛

電話:027-321-1228

チラシ

チラシ表面イメージ チラシ裏面イメージ

「2020人権を考える市民の集い」チラシ(PDF形式 845KB)

人権標語・人権啓発絵画作品展示

  • 日時:令和2年10月29日(木)~11月5日(木)
    午前8時30分~午後9時30分(10月29日は正午から、11月5日は午後3時まで)
  • 展示場所:高崎市役所1階ロビー

過去の人権を考える市民の集い

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 人権男女共同参画課
  • 電話:027-321-1228
  • ファクス:027-326-3873