高崎市内水ハザードマップ

内水ハザードマップとは

内水ハザードマップは、地域の既往最大級の降雨や他地域での大規模な降雨等で下水道の雨水排水能力を上回る降雨が生じた際に、下水道やその他排水施設の能力以上の場合や河川の水位上昇に伴い当該雨水を排水できない場合において、浸水の発生が想定される区域や実際に浸水が発生した区域の浸水に関する情報、および避難場所等を記載したものです。
また、高崎市ハザードマップに記載してある洪水ハザードマップは、人命及び経済活動等に甚大な影響を及ぼす河川はん濫、主に堤防の決壊、河川からあふれた水による浸水発生時の円滑な避難行動や平常時からの防災意識の向上に活用するものであり、内水ハザードマップとは性質が異なります。

内水ハザードマップの必要性

内水による浸水は、洪水ハザードマップが対象とする河川の堤防の決壊や河川からあふれた水による浸水よりも発生頻度が高く、市民生活・企業活動にも密接な係わりを持っています。
また、近年では、河川の堤防の決壊や河川からあふれた水による浸水被害と同様、内水による被害も非常に大きな割合を占めることから、社会経済的な影響も大きく、住民の関心は非常に高くなっています。
時間と財政的制約の中で、緊急かつ効率的に浸水被害を軽減するためには、行政による浸水対策、いわゆる公助としてハード対策の強化を着実に進める一方で、「ソフト対策、自助・共助の促進による被害の最小化」を図ることが重要であることから、住民自らの災害対応、住民同士の助け合いによる災害対応を促進することで、被害の最小化を図ることが必要となります。
そこで、効果的な自助・共助を導くためのソフト対策として、住民の視点からのわかりやすい情報発信を行い、内水による浸水に関する情報及び避難に関する情報等を積極的に住民に提供し、平常時から住民・行政間で内水による浸水に関する情報を共有することで、住民自身の自助・共助意識、防災意識の向上を図るために、「内水ハザードマップ」が必要となります。

高崎市内水ハザードマップ

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 総務課
  • 電話:027-321-1263
  • ファクス:027-325-8352