高崎市歴史民俗資料館

高崎市歴史民俗資料館は、旧群南村役場の建物を利用して、昭和53年10月1日に開館しました。
以来、高崎市内を中心に、日々失われつつある民俗資料の収集・保存・研究・展示を行っています。

高崎市歴史民俗資料館の外観 旧群南村役場完成当時の様子 

開催中の企画展

こどものための「はかってみよう むかしの単位」

企画展タイトルこどものためのはかってみようむかしの単位

好評につき展示期間を延長しています。

→ 開催中の企画展ページ

過去の企画展

これまでに開催された企画展について紹介します。

→ 過去の企画展ページ

常設展示

当館の建物が国登録有形文化財(建造物)に登録されました

国の文化審議会は、令和2年3月19日に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、本市に所在する旧群南村役場庁舎(高崎市歴史民俗資料館)を新たに登録するよう文部科学大臣に答申しました。

そして令和2年8月17日付の官報告示を経て、正式に国登録有形文化財に登録されました。

この結果、高崎市内の登録有形文化財は14箇所(22件)となりました。

詳細は以下のページをご覧ください。

登録有形文化財(建造物)の登録について

利用案内

観覧時間・料金・休館日・交通案内・各種申請等について

利用案内

入館時のお願い

新型コロナウイルス等感染症拡大防止のため、基本的な感染対策へのご理解、ご協力をお願いします。

このページの担当

  • 歴史民俗資料館
  • 電話:027-352-1261
  • ファクス:027-352-1261