高崎市空き家緊急総合対策について

令和4年度の高崎市空き家緊急総合対策事業は、予算額に達しました。

申請に当たってはお問い合わせください。

令和4年度の事業について

市では、総合的な空き家対策事業として、空き家を管理・解体・活用する場合の助成を行います。

令和4年度高崎市空き家緊急総合対策パンフレット(全体概要)(PDF形式 748KB)

各制度の詳細については以下のページをご覧ください。

空き家のまま管理したい

制度1.空き家管理助成金
空き家が管理されないまま放置され、周囲に危険を及ぼす恐れのある老朽空き家に至らないよう、敷地や建物内部の管理を委託した場合など、費用の一部を予算の範囲内で助成します。

空き家を解体したい

  • 制度2.空き家解体助成金 ※予算額に達しました。詳細はお問合せください。
    周囲に危険を及ぼす恐れのある老朽化した空き家を解体する場合に、解体費用の一部を予算の範囲内で助成します。
  • 制度3.空き家解体跡地管理助成金
    制度2.空き家解体助成金を利用して空き家を解体した跡地が管理されないまま放置され、周囲に迷惑を及ぼす恐れのある跡地に至らないよう、敷地の管理を委託した場合など、費用の一部を予算の範囲内で助成します。

空き家を活用したい

サロンとして

  • 制度4.地域サロン改修助成金 ※予算額に達しました。詳細はお問合せください。
    空き家を、自治会、町内会等の地域社会の活性化を図るため、高齢者同士の集まりや小さな子どもを持つ家族の交流の場として気軽に利用できる地域サロンの運営を目的として改修する場合に、改修費用の一部を予算の範囲内で助成します。
  • 制度5.地域サロン家賃助成金 ※予算額に達しました。詳細はお問合せください。
    空き家を、自治会、町内会等の地域社会の活性化を図るため、高齢者同士の集まりや小さな子どもを持つ家族の交流の場として気軽に利用できる地域サロンの運営を目的として地域サロンの運営団体が空き家を借りる場合、その家賃の一部を予算の範囲内で助成します。

住居として

  • 制度6.空き家活用促進改修助成金 ※予算額に達しました。詳細はお問合せください。
    空き家を居住目的で購入して改修する場合、改修費用の一部を予算の範囲内で助成します。
  • 制度7.定住促進空き家活用家賃助成金
    人口が減少している倉渕、榛名、吉井地域に立地する空き家を居住目的で借りる場合、その家賃の一部を予算の範囲内で助成します。

事務所や店舗として

制度8.空き家事務所・店舗改修助成金 ※予算額に達しました。詳細はお問合せください。

空き家を事務所や店舗として活用する目的で改修する場合、改修費用の一部を予算の範囲内で助成します。

インタビュー

助成制度を利用された方にお話を伺いました。

受付窓口

高崎市役所 9階 建築住宅課

お問い合わせ

  • 高崎市役所建築住宅課
    電話:027-321-1314(空き家担当電話)
  • 行政書士高崎事業協同組合
    電話:080-8090-0222(空き家対策専用電話)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 建築住宅課
  • 電話:027-321-1314